柿渋染めに使われる柿渋の豆知識

柿渋は、日本が誇る染め物の染料の材料としても有名で、褐色が特徴的な落ち着いた色合いを出すことが出来ます。染め物の他にも、数多くの用途がある柿渋ですが、こちらでは柿渋の豆知識をご紹介致します。

柿渋に含まれる成分

柿渋には苦味のもとでもあるタンニンという成分が多く含まれおり、このタンニンは、ワインなどに含まれているポリフェノールの仲間でもあります。ポリフェノールは多くの植物に含まれていますが、特に柿渋は含有量が多く、殺菌力の強いタンニンですので幅広く使われているのです。

柿渋の歴史

柿渋の歴史は古く、平安時代から多くの用途で使われてきました。江戸時代になると、全国的に作られるようになります。そのため昭和に入り戦争の時代が訪れるまで、日本人の生活を支えてきたといっても過言ではありません。戦後は、石油で作られた製品が市場に溢れるようになり、柿渋は衰退してしまいましたが、昨今の環境問題がきっかけとなり再注目されています。

柿渋の原料

柿渋は、特に多くのタンニンを含んでいる、鶴の子柿や天王柿などを原料として作られています。中でも天王柿は、一番タンニンを含んでいる品種であり、ピンポン球くらいの大きさをした渋柿です。この天王柿からは質の良い柿渋を作ることが出来ます。また、もう一つの鶴の子という品種は干し柿に使われる、渋柿でもあります。

柿渋を染料として作られる、柿渋染めは古くから作られている日本の伝統的な染め物です。
当店では、おしゃれなデザインの柿渋染バッグを通販にて取り扱っております。柿渋染めを使いハンドメイドで作った手提げバッグやショルダーバッグ、オシャレなサイコロ型のオリジナルバッグがございます。柿渋染めの落ち着いた色合いで作られた柿渋染バッグは、様々なファッションに合わせることが出来ます。大切な方やお世話になった方への贈り物としても喜ばれるアイテムですので、柿渋染バッグをお買い求めの際は、ぜひ当店をご利用下さい。


このページのトップへ
手づくりバッグ教室の生徒作品(一部抜粋)

各画像をクリックすると少し大きな画像でご覧いただけます。

  
このページのトップへ
注文でつくったバッグ(一部抜粋)

各画像をクリックするとすこし大きな画像でご覧いただけます。

このページのトップへ
お買上戴いた作品(一部抜粋)

各画像をクリックするとすこし大きな画像でご覧いただけます。

このページのトップへ

バッグ制作のご紹介

手づくりバッグ工房の材料や道具など、手づくりバッグ制作に欠かせないものを紹介します。

バッグづくりに欠かせない道具たち
道具

←左側から、金さし、ゴム刷毛、刀、二分ノミ、目打ち、モデラ

平ミシン。→
俗に103と呼ばれる職業用ミシンで昔ながらの足踏みです。
(ちなみに、入っているロゴは「SINGER」です。)
ミシン
ミシン2 ←腕ミシン
バッグを作るために必要なもののひとつが腕ミシンです。
このミシンは50年以上もの長い間働き続けている年季の入ったミシンで、今もなお現役です。

酒袋のミミを使ったバッグ(写真4)ができるまで
1 2
3 4
写真1)
定番の酒袋のミミ(端)の部分をデザインの一部にした横長の手提げを作り始めました。 酒袋は一枚一枚色が違いますし、一枚の酒袋からミミは2つしか取れませんので、色と数を揃えるのに時間がかかります。 いろいろ酒袋を使ってバッグを作りながら貯めておいたミミを使って、やっと制作に取りかかれました。
写真2)
細くカットした酒袋にゴムのりをつけ、二つ折りしたものが写真の一番上です。 手紐は裏と表の二枚からなり、革に芯を貼り折り返した二枚を貼りあわせ一本の紐にしてミシンをかけているのが三番目です。 その上に最初に作っておいた酒袋で作った細い紐を飾りに縫いつけ、一本の紐が出来るわけで、ひとつのバッグに必要な二本の紐を作るのには思いがけないほどの時間と手間がかかります。 ただ、どんなに時間がかかっても、手紐一本にもこだわりを持って作り続けて行きたいと思っています。
写真3)
裏袋は柿渋で染めておいた裏地を裁断、革で作ったファスナー台にファスナーをはさみミシンをかけ、ポケットを作りつけ最後にネームタグを縫い付けます。 収納、仕分けがしやすく、実用的で個性的に、などなどを考えながら出来たこのバッグはミミシリーズのほかにレンガシリーズがあります。
写真4)
--- 完成! ---ポケットはファスナーを開けなくても使えるように、デザイン面も考え口元にひとつ、中には携帯も入るものとファスナー付のものの合計三つあり機能的なバッグです。 いつもながら同じデザインのものを作っても、一つ一つ表情が違い、本物の酒袋の持つ味わい深さに感動させられます。
お買い求めはこちらから

酒袋について

日本酒を搾るのに用いた袋で、木綿の袋を柿渋で染めて、繰り返し長い年月使用していました。 昭和30年代に機械化され、現在はほとんど使用されていないことや、また自然の色合いから酒袋の人気が高まり、骨董価値が出てきました。
酒袋の色は、主に茶系統ですが、色の濃淡は生産地により異なるようです。
こげ茶色は灘や伏見、薄茶色は北陸などに多く見られます。同じ産地だったとしても、ふたつとして同じ色のものはありません。
夏場に杜氏さんが酒袋の傷んだところを太い糸で繕った跡も本物の証です。

柿渋染について

渋柿の青い柿を8月ごろ砕いて搾り発酵させ、熟成させて作ります。
異臭がありますが、乾燥後時間が経過するにつれ臭わなくなります。
また、日に当たるほど色が濃くなります。


    用途
  • 柿渋染として、バッグ、のれん、帽子
  • 日本酒の醸造の過程で清澄剤として
  • 塗料として建材、一閑張りに
  • 伊勢型紙の地紙
  • 昔から和紙の防水、防腐強化として和傘、渋団扇に
  • 血圧降下作用があると言われています。
  • 最近は、シックハウス対策として注目されています。

このページのトップへ

当店について

店長プロフィール

昭和54年 師範資格取得。高松市にて四国新聞文化教室、自宅教室を開く。
昭和60年 東京教室、大阪教室にて上級師範取得。
平成6年  当地にて自宅教室を開き現在に至る。
その他の店長プロフィールは特定商取引法に基づく表記等をご覧下さい。

店長のこだわり
酒袋をはじめとし、国内外の古布や、自分で染めた柿渋染め、草木染めなどを使いバッグを制作、販売しています。
ひとりでしていますので量産は出来ませんが、丁寧な物作りにこだわり続けています。
また、裏地も自分で柿渋染めした布を使用するなど、手づくりの良さを求めています。

実 績

近鉄百貨店  上本町店
阪神百貨店
大丸百貨店  梅田店
高島屋百貨店 京都店 などに出展
ギャラリー等で個展、グループ展を多数開催。

主な販売委託先

次のお店やギャラリーにても当店の商品を常設展示販売させていただいています。

委託先名住所電話番号Link
花びし庵名張市中町石の鳥居前0595-63-0032ホームページ
杏(あんず)枚方市北中振3-22-7072-832-7029
ギャラリー創大和高田市片塩町17-80745-52-8286
スペースパナクティ生駒郡平群町椿井2820745-45-5266ホームページ
ギャラリー朱生奈良市餅飯殿町90742-24-7898
ゆめ工房芦屋市緑町1-8-301


このページのトップへ

お買い物方法の説明

販売数量について

商品はひとつひとつ手づくりのため、すべて1個限定となります。ただし、お問い合わせいただければ、2個以上のご購入にも対応は可能ですが、制作日数がかかることをご了解下さい。

商品代金以外の費用は0円

商品代金以外にかかる商品送料や代引手数料など、意外と合計金額に影響を与えるこれら費用をなくし、シンプルな仕組みにしました。
当サイトでは商品代金以外の費用は一切かかりません。

商品代金決済方法

商品代金の決済方法は、個人情報の漏洩の心配が一切ない、安心、安全の「商品代引」だけになっています。
ご購入の商品が宅配便でお手元に届いたときに、商品代金を配達ドライバーにお支払い頂き、商品をお受け取り下さい。

商品のご購入方法

ご希望の商品の画像をクリックしていただき、商品詳細画面の「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。その後は画面の説明どおりに最後の画面まで進んでください。正常に注文処理が終わると、注文受付メールがお客様宛に自動的に送信されます。24時間以内に注文確定メールが届かない場合はお問い合わせください。カラーミーのメールサーバーから正常にメールが送信されなかった可能性があります。

      

商品発送時の梱包について

当店では誠に申し訳ありませんが、各種ギフト用梱包での発送については承っておりませんのでご了承ください。

その他

その他、ご購入に関する詳細はこちら(特定商取引法に基づく表記)をご覧下さい。
また、不明な点などありましたらこちら(お問い合わせ)をご利用下さい。